海外旅行を計画中のみなさんに、ご予算に応じた格安航空券やホテル予約を紹介します。海外有力サイト「トリップアドバイザー」ランキングに基づいた海外ホテル情報などにご期待ください!
2018/051234567891011121314151617181920212223242526272829302018/072018/051234567891011121314151617181920212223242526272829302018/072018/051234567891011121314151617181920212223242526272829302018/072018/051234567891011121314151617181920212223242526272829302018/072018/051234567891011121314151617181920212223242526272829302018/07
トップ

■ 海外旅行のお助けサイト
やはり海外旅行といえば、胸をワクワクさせながら計画する一大イベントでしょう。
そして、海外旅行の良し悪しを決定するのは何と言ってもホテル予約と航空券予約です。 たくさんの旅行代理店やサイトがありますが、おすすめの格安航空券、海外ホテル予約だけを厳選してご紹介します。
また、季節ごとのおすすめも発掘しだいアップし、特にアメリカへの旅行で良い商品や裏技(英語が出来る方はさらにお得)をご紹介します。
海外有力サイト「トリップアドバイザー」のランキングに基づいたホテルを紹介し、過去の利用者による実際の写真やクチコミ情報を掲載しますので、ホテルを検討する際にご活用して頂ければ幸いです。

          



← 左コラムのカテゴリーから関連情報をご覧ください


■ 海外旅行の予約・検索方法(はじめにご覧ください)

ホテル予約でのおすすめ検索方法はこちら

航空券予約でのおすすめ検索方法はこちら

ツアー予約でのおすすめ検索方法はこちら

フライトスケジュールのおすすめ検索方法はこちら

豪華ツアー・特殊ツアーのおすすめ検索方法はこちら



・興味のあるホテルやフライトなどがありましたら、できるだけリサーチしてみますので
リクエストしてみてください!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「Flyertalk」(ホテルや航空券の格安情報・裏技情報などを紹介する有名な英語サイト)で、

マリオットホテルの裏情報(ディスカウント・コード)

が載せられていたので、ご紹介します。

予約時にチェックする「Special Rates & Awards」というセクションがあり、その中の「Corporate/promotional code」にコードをインプットするのですが、なんとそのコードが紹介されています!

もちろん、基本的にそれらのコードは特定団体あるいは企業の社員などが使用できるものですから、

使用をおすすめするものでは決してありません。

ホテルによってはまったくそれらのコードを受け付けませんが、適用されるホテルでは使用するコードによって驚くほどの価格差があります。


「Flyertalk」でマリオットのディスカウントコードが紹介されているフォーラムはこちらをクリック


マリオットのホームページはこちらをクリック


コードだけ見たい人は「続きを読む」へ


有益な情報でしたら1クリックお願いします
    ↓           ↓
人気ブログランキング   


[マリオットホテル予約での裏情報(ディスカウント・コード)]の続きを読む
スポンサーサイト
ホテルの予約ですが、目的地がアメリカの場合、私は次の順番でホテルを探していきます。

まずマリオットの海外ウェブサイトで目的地周辺に良いホテルがないか調べます。

マリオットの日本サイトはこちら → マリオットホテル

マリオットのホテルといっても、たくさんのブランドがあり、
Marriott, JW Marriott, Renaissance, Courtyard, Residence Inn, Spring Hill Suites, TownePlace, Fairfield Inn があります。

マリオットをおすすめする理由ですが、私の知っているテクニックを使用した場合、Marriott,、JW Marriott、 Renaissanceの高級ブランドであればラックレート(正規料金)から1泊約80ドル、それ以外の中級ブランドですと1泊約40ドル安くなるというのが最たるものです。(この詳細についてはまた後日アップします)

このなかでも私の超お気に入りでおすすめは、Residence Inn です。
というのも、

理由その?: 高級ブランドはラックレート自体が高めに設定してあり、割引があったとしてもマリオットを通すより代理店で調べたほうが安い。その点、Residence Innをはじめとする中級ブランドはラックレートが100?200ドルぐらいに設定してある。(もちろんアメリカのホテルなので、1名ではなく1部屋の料金

理由その?: Residence Innはロッジ風のホテルになっているものが多く、キッチン、グレードの高い部屋だと暖炉などもついており2泊以上の旅行(特に家族連れの場合)には最適。

アメリカに行くときは必ずマリオットに泊まるわけではありませんが、Residence Innでの宿泊はストレスが溜まりませんので、希望のロケーションと合致する場合、なるべく選択するようにしています。

マリオットで良い商品がない場合、ネット代理店で調べていくことになります。
ネット代理店は本当にたくさんありますが、私のお気に入りは3つほどあります。

こちらについては次回ご紹介します。


有益な情報でしたら1クリックお願いします
    ↓           ↓
人気ブログランキング   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。